シャネル

シャネルの魅力

シャネルは今やフランスを代表するトップブランドですが、創業デザイナーであるガブリエル・シャネル(Gabrielle Chanel)の生い立ちとともに、世界中で愛されています。
シャネルは1883年、フランスのオーベルニュ地方のソミュール市で生まれ、12歳の時に母を亡くし、その後は父親が預けた孤児院や修道院で育ちました。1905年、踊り子(歌手)を目指しキャバレーで歌う仕事に就きましたが、この時の愛称が「ココ」と呼ばれて親しまれたところから「ココ・シャネル(CC)」と呼ばれるようになり、それがシャネルのモノグラムへと繋がっています。

シャネルは1910年、27歳の時にパリで帽子店を開いたのをきっかけにファッション界へ進出しますが、第一次大戦以降、動きやすい服を求める新しい女性のための斬新な服を次々に発表して行きます。シャネルのデザインは、女性の体を締め付けるコルセットから開放し、従来のファッションを次々と新しいものに変えて行ったために「皆殺しの天使」と呼ばれました。

1960年代に発表したカーディガン風の襟なしジャケットにひざ丈スカートは、「シャネル・スーツ」と言われ、女性からの圧倒的な支持を得て大流行となりました。また、当時はあり得なかった女性のパンツスタイルは、シャネルが初めてスーツに取り入れたもので、その素材として男性のスーツで使われていた「ツイード」も使用しました。


シャネルの魅力は、シャネルの自由奔放な生き方とともに、「シンプル」「エレガンス」「実用的」という言葉で表現することができます。装飾に重点が置かれていた既成の概念を打ち破り、ファッション業界を塗り替えたのです。

Cを二つ組み合わせたロゴが特徴のシャネルバッグも人気があり、機能的なデザインはバッグの一流品としての地位を保っています。シャネルバッグには、トートバッグ、ハンドバッグ、ショルダーバッグ、ボストンバッグ、ポーチと種類も豊富に展開しており、最近ではキルティングを使用した柔らかいイメージのバッグも人気のラインになっています。


ココ・シャネルは1971年に87歳で世を去りますが、その後1978年にフィリップ・ギブルジェ氏がデザイナーに就任、1983年からはカール・ラガーフェルド氏がデザイナーとして起用され、2004年は、東京・銀座の中央通り沿いに、シャネルのブティックの中では世界最大級の広さをもつ「シャネル銀座」をオープンしています。


シャネルの通販情報

シャネルの商品を通販で購入する場合は、こちらを参考にしてください。


花のライン

★シャネルの婦人服をヤフーショッピングで見る

★シャネルのバッグをヤフーショッピングで見る

花のライン

★シャネルの婦人服を楽天市場で見る

★シャネルのバッグを楽天市場で見る

花のライン



        トップへもどる