ロエベ

ロエベの魅力

ロエベ(Loewe)は、1846年にスペインのマドリード市内に、数人のスペイン人職人によって皮革工房が開かれたがはじまりです。1872年に、当時ドイツの職人であったエンリケ・ロエベ・ロスバーグが、この工房を見学し、職人達の技術や素材、製品の品質の高さに感銘を受け、工房で働く事になりました。この工房では主に貴族や富豪による革製の宝石箱やバッグ、トランクなどを製造していましたが、品質や機能、耐久性が優れている事から評判になりました。

エンリケ・ロエベ・ロスバーグは、1892年、マドリードに店舗を併設した工房を開設し、商品を陳列する方式をスペインでははじめて開始しました。そして、1905年、スペイン王家のアルフォンソ13世からスペイン王室御用達の任命を受け、これ以降、一部のエンブレムに冠のマークが取り入れられるようになりました。

その後、1970年代には、それまでの皮革製品だけではなく、香水関係の生産も始めました。1985年にルイ・ヴィトンと提携を結んで、LVMH傘下に入りましたが、その頃から日本でも広く知られるようになり、高級革ブランドとして注目を浴びるようになりました。



ロエベの魅力は、洗練されたデザインと品質の高さ、機能性と耐久性に優れており、使う人の年齢を選ばないところにあります。またシックな中にも高級感漂うデザインは、カジュアルな装いにもフォーマルな装いにもマッチし、飽きずに長く使えるというところも魅力です。


ロエベの通販情報

ロエベの商品を通販で購入する場合は、こちらを参考にしてください。


花のライン

★ロエベのバッグをヤフーショッピングで見る

花のライン

★ロエベのバッグを楽天市場で見る

花のライン




        トップへもどる