レオナール

レオナールの魅力

レオナールは、1943年にフランスのパリでジャック・レオナール(Jacques Leonard)がニット工房を設立したのがブランドの始まりです。
美しい花のプリントが特徴のレオナールのデザインは、今なお中高年女性、シニア女性の心を魅了し続けています。

レオナールブランドの創業時の目標は「世界一美しい花、ランを最高の生地である絹の上にプリントすること」だったと言われていますが、それは見事に実現され、現在も「花のレオナール」または「世界で最も美しいプリント」と評されています。

レオナールは、創業当時は困難とされていたニットへのプリント技術を開発し、さらに1969年にはシルクジャージへの多色プリント技術を開発、それがレオナールブランドの基礎となっています。その技法は、30以上の色を1色ずつ重ねていくというシルクスクリーンの技術を用い、熟練したアトリエの職人によって色鮮やかな花柄のワンピースやドレスへと仕立て上げられて行きます。


VINTAGE*LEONARDヴィンテージレオナールドレス


レオナールのプリントのモチーフはランやバラの花が原点になっていますが、近年はペイズリー柄やアニマル柄、幾何学模様など、新しいプリントも次々と発表されています。また、2003年頃からは「和」をモチーフにしたプリントも取り入れられ、花や雲などの着物柄をあしらったワンピースが注目を集めています。

レオナールのワンピースやドレスは、日本では特に40代以上の中高年女性やシニア女性層に圧倒的な人気があり、固定的なファンも多いため、新作が入荷するとすぐに売り切れてしまうほどです。


レオナールの通販情報

レオナールの商品を通販で購入する場合は、こちらを参考にしてください。


花のライン

★レオナールの商品をヤフーショッピングで見る

花のライン

★レオナールの商品を楽天市場で見る

花のライン



        トップへもどる