ボッテガ・ヴェネタ

ボッテガ・ヴェネタの魅力

ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)は、1966年に、イタリアのヴィチェンツァで、モルテド夫妻が家族だけのビジネスとして高級革製品の生産を始めたのがブランドのはじまりです。

Bottega(ボッテガ)とは工房という意味で、Veneta(ヴェネタ)は北イタリアの地方名を指しています。
ボッテガ・ヴェネタは、2001年にグッチグループの傘下に入って以降、大幅な飛躍を果たし、世界的に知名度が高まりました。
そして日本では2007年4月、銀座に世界最大級のボッテガヴェネタ(BOTTEGA VENETA)旗艦店がオープンしています。

ボッテガ・ヴェネタは、高級志向ではあるものの、幅広い層からの人気を得ている数少ないブランドのひとつです。特になめし革をメッシュ状に編みこんだ「イントレチャート」が定番となっており、バッグや財布、靴などに使用されています。「イントレチャート」は、熟練した革職人よって丁寧に手作業で編み込まれたもので、革の持つ滑らかな肌触りと独特の光沢感が人気の秘密です。



また、ボッテガ・ヴェネタの革製品は非常に柔らかく、使えば使うほど風合いが出て、使う人になじんで行きます。ボッテガ・ヴェネタのポリシーは「自分のイニシャルだけで十分」(When your own initials are enough)というもので、そこにはブランドとしての自信と、風格が表現されています。

現在、ボッテガ・ヴェネタは、イントレチャートのバッグや財布、靴、サンダルのほか、アクセサリーや家具など、幅広い製品を扱っています。


ボッテガ・ヴェネタの通販情報

ボッテガ・ヴェネタの商品を通販で購入する場合は、こちらを参考にしてください。


花のライン

★ボッテガ・ヴェネタのバッグをヤフーショッピングで見る

花のライン

★ボッテガ・ヴェネタのバッグを楽天市場で見る

花のライン




        トップへもどる