ピアジェ

ピアジェの魅力

極薄ムーブメントの開発で先端を行くピアジェの腕時計は、それ自体が一個の芸術品です。価格は高価ですが自分だけの本物の腕時計を持ちたいという中高年女性、シニア女性の方におすすめのブランドです。

ピアジェ(Piaget )は、ジョルジュ・エドワール・ピアジェが、1874年にスイスのジュラ地方にあるピアジェ家の農場に最初の時計工房を開いたのがブランドの始まりです。

1911年に息子のティモテ・ピアジェが会社の経営を引き継ぎ、腕時計の製造を開始しました。1957年に初の手巻極薄メカニカルムーブメントのキャリバー9P(厚さ2mm)を発表。1960年には、世界で最も薄い自動巻ムーブメント、キャリバー12P(厚さ2.3mm)が発表され、ギネスブックに認定されました。

その後、1990年代に「ポセション」「タナグラ」「ライムライト」、付け替え可能なブレスレットが特徴の「ミス・プロトコール」などの新しいコレクションを次々と発表しています。そして2002年に、初のピアジェ自社製トゥールビヨンムーブメント、キャリバー600Pを生み出しましたが、これは、厚さがわずか3.5mmと世界で最も薄い角型ムーブメントとなっています。ピアジェの宝飾品はジャクリーン・ケネディ・オナシス、ジーナ・ロロブリジーダ、アンディ・ウォーホルなどの著名人たちにも愛されました。
現在、ピアジェはジュネーブに最も大きなジュエリー工房を構えていますが、世界84カ国に800以上の店舗を展開しています。



極薄ムーブメントの開発において常に先駆者的な存在であり続けているピアジェは、高級時計およびジュエリーのブランドとして確固たる地位を確立しています。ダイヤモンドや貴石は、厳選された最高級のものだけが使用されており、すべての貴石が手作業にてカット、調整、セッティングされています。ピアジェの腕時計やジュエリーは高価ですが、時計職人の熟練した技が生み出す芸術と呼ぶにふさわしい逸品となっています。


ピアジェの通販情報

ピアジェの商品を通販で購入する場合は、こちらを参考にしてください。

花のライン

★ピアジェの腕時計を楽天市場で見る

★ピアジェのジュエリーを楽天市場で見る

花のライン

★ピアジェのジュエリーをヤフーショッピングで見る

花のライン




        トップへもどる