ハナエモリ(森英恵)

ハナエモリの魅力

ハナエモリ(森英恵)は、日本に洋装店と洋裁学校しか存在しない時代に、職業としてファッションデザイナーとなった初めての女性です。華麗な蝶の模様で知られるハナエモリのデザインの魅力は、日本古来の文化的要素と、西欧の伝統芸術を見事に融合させたことです。高級感のある絹を素材に蝶の模様を優雅に配したハナエモリの作品は、モナコ元王妃のグレース・ケリーや、世界的に有名な映画女優ソフィア・ローレンなどにも深く愛されました。



森英恵が自身の名を冠したハナエモリ社を設立したのは、1951年のことですが、その後、50年代後半から60年代にかけて、日本ではまだ未開分野だったプレタ・ポルテを確立させました。70年には「ハナヱ・モリ・ニューヨーク」をオープン。ハナエ・モリの服はイギリス、スイス、ドイツ、ベルギーでも販売されました。
森英恵は、数々の賞も受賞しましたが、2002年に約100億円の負債を抱えて倒産し、2004年に秋冬オートクチュールコレクションを最後に引退しました。

現在、ハナエモリのアイテムはバッグファッション小物がメインになっていますが、ヤフーショッピングや楽天市場からも購入可能となっています。

ハナエモリの通販情報

ハナエモリの商品をヤフーショッピングおよび楽天市場より通販で購入する場合は、こちらを参考にしてください。

花のライン

★ハナエモリのバッグをヤフーショッピングで見る

花のライン

★ハナエモリのバッグを楽天市場で見る

花のライン


        トップへもどる