ティファニー

ティファニーの魅力

永遠の女性の憧れ・ティファニーは、いくつになってもピュアな心と可愛らしさを失わない中高年女性、シニア女性に似合うアクセサリーです。

ティファニー(Tiffany)は1837年に、チャールズ・ルイス・ティファニーが友人とともに「Tiffany&Young」という名のファンシーショップをニューヨークにオープンしたのが始まりです。当初は文房具やヨーロッパ、アジアの骨董品などを取り扱っていましたが、次第に富裕層をターゲットにした宝石を扱うジュエリー専門店へと移行させて行きました。

1848年、フランス王室からダイヤモンドの王冠を購入したことから、「キング・オブ・ダイヤモンド、ティファニー」との賛辞を贈られ、アメリカを代表する宝石商としての地位を確立しました。1853年、チャールズ・ティファニーは社名を現在の「Tiffany&Co.」に改称、ニュヨークのブロードウェイ五番街に移転しました。

1958年、トルーマン・カポーティの「ティファニーで朝食を」が出版され、1961年にオードリーヘップバーンの主演で映画化されましたが、この映画をきっかけに高級宝飾店ティファニーの名は世界中に広まることになったのです。

現在、ティファニーはロンドン・ローマ・シドニー・東京など世界20カ国に宝飾品及び銀製品のブランドショップを展開しています。

ティファニーの宝石は、日本ではマリッジリング(結婚指輪)やエンゲージリング(婚約指輪)、クリスマスやホワイトデーの贈り物として人気がありますが、大切な人への贈り物として年齢を問わず人気があります。


また、現在でもギフトボックスやショッピングバッグに使われているブランドカラーのティファニーブルーは、それだけでも宝石のような美しさがあると言われます。
1906年に、ニューヨークサン紙に書かれていた次のメッセージはあまりにも有名です。

「ティファニーには、どんなにお金を出されても決して売らないものが1つある。…ただし顧客が商品を買うと無償で提供される。それは、ティファニーの名が冠された箱である。責任を持って製造された製品が中に納められていない限り、その箱をお店から持ち出してはならないという創設以来の厳しいルールが、貫かれているからなのだ。」

そしてその言葉を裏付けるかのように、ティファニーのジュエリーには、それぞれの製品にデザイナーの名前が彫ってあります。


ティファニーの通販情報

ティファニーの商品を通販で購入する場合は、こちらを参考にしてください。

花のライン

★ティファニーのジュエリーをヤフーショッピングで見る

花のライン

★ティファニーのジュエリーを楽天市場で見る

花のライン




        トップへもどる