スワロフスキー

スワロフスキーの魅力

白鳥のシンボルマークで有名なスワロフスキーのクリスタルガラスは、透明な輝きで中高年女性、シニア女性の心をも魅了しています。

スワロフスキー(Swarovski) は、1895年にオーストリアのチロル州にダニエル・スワロフスキーが創立したクリスタルガラスの製造会社です。ダニエル・スワロフスキーは、チェコのガラス研磨工場で働いていた経験を元に、カッティングマシンを発明しましたが、それにより、手作業で行っていた従来の製品に比べ均質で高精度なカットを行えるようになり、品質が劇的に向上したと言われます。

その後、ガラス原料の生産からクリスタルの生産まで、自社で一貫して製造できるシステムを構築し、溶解炉や研磨工具なども開発しました。1956年には、クリスチャン・ディオールと共同で、光沢が美しくオーロラのように輝くクリスタルAB(Aurora Borealis)を開発。創立100年を迎えた1992年には、インスブルック・ワテンズにミュージアム「スワロフスキー・クリスタルヴェルテン」をオープンしました。
また2008年には、日本の銀座に世界初最大規模の旗艦店をオープンさせています。

スワロフスキーの魅力は、独自の製法と加工法による正確なカッティング技術と発色の美しさです。スワロフスキーのクリスタルガラスは、通常のクリスタルガラスの酸化鉛の含有量比が約24%であるのに対し、酸化鉛が最低32%と多くなっているため、透明度が高く、クリスタルガラスの内部で光を効果的に屈折させ、光の反射加減によって虹色に見えることがあります。
白鳥をあしらったスワロフスキーのシンボルマークは、クリスタルガラスの純度の高さと透明度を表していると言われます。



このようなすぐれたカット技術、研磨技術から生まれるスワロフスキーのクリスタルアクセサリーは、「第二のダイヤモンド」とも呼ばれ、世界中の女性を魅了し続けています。
また、高度な手間のかかる手法で生産されているにもかかわらず、他のブランド品に比べ驚くほど手軽な値段で購入できるのも、スワロフスキー・ジュエリーの魅力です。


スワロフスキーの通販情報

スワロフスキーの商品を通販で購入する場合は、こちらを参考にしてください。


花のライン

★スワロフスキーのアクセサリーを楽天市場で見る

花のライン

★スワロフスキーのアクセサリーをヤフーショッピングで見る

花のライン




        トップへもどる