コーチ

コーチの歴史と魅力

コーチ(Coach)は1941年にマイルズ・カーンとリリアン・カーン夫妻が、ニューヨークのマンハッタンで家族経営の皮革小物工房として創業したのが始まりです。
使い込むほど手になじむ野球グローブの革をヒントに、熟練した革職人の手により60年代初期にコーチの最初のバッグが誕生しました。化学薬品でコーティングしていない天然の皮革は、耐久性と機能性に特にすぐれていたのです。
また、コーチというブランド名は、1961年にアメリカ開拓の象徴ともいえる馬車(COACH)にちなんでつけられました。

1988年 三越との提携により日本進出、同年9月に横浜三越、日本橋三越店がオープンしました。
コーチは、1990年代半ばからは伝統とモダンを上手にミックスした新鮮なラインを次々に発表し、老若男女問わずファンを広げています。2000年以降はバッグと財布などの皮革製品メーカーから、総合ファッション企業へと急速に路線変更を行います。そして現在、コーチは天然の皮革素材の美しさを生かしたアメリカンスタイルを代表する高級ブランドとなっています。


コーチバッグは素材である天然の皮革の良さを最大限に生かして作られており、丈夫で長持ちするという特徴があります。普通の使い方であれば15年は使用できると言われています。そして長年使うほどに手になじんで来るのが、コーチバッグの大きな魅力です。
1990年代まではコーチの製品は高齢者向けのブランドというイメージもありましたが、現代は老若男女を問わずあらゆる年齢層の支持を集めています。

ブランド名の頭文字である「CC」を組み合わせた生地を使用したアイテムを「シグネチャー」と言い、シグネチャーの「CC」が小さめの柄を「ミニ シグネチャー」と言っていますが、コーチの製品であることがひと目でわかり、またこの「CC」の中にコーチの魅力の全てが表現されているといっても過言ではありません。


コーチの通販情報

コーチの商品を通販で購入する場合は、こちらを参考にしてください。


花のライン

★コーチのバッグをヤフーショッピングで見る

花のライン

★コーチのバッグを楽天市場で見る

花のライン




        トップへもどる