クリスチャン・ディオール

クリスチャン・ディオールの魅力

クリスチャン・ディオールアクセサリーは、豪華でありながら派手すぎず、控えめな美しさがあり、中高年女性やシニア女性にもおすすめのブランドとなっています。

クリスチャン・ディオール(Christian Dior)は、創始者のクリスチャン・ディオールが、1946年に彼の才能に目をとめたコットン王と呼ばれたマルセル・ブサックの援助のもとに、パリのモンテーニュ通り30番地に「クリスチャン ディオール・オートクチュール・メゾン」というファッションハウスを開店し独立したのが始まりです。

翌年の1947年には、丸みを持たせたなだらかな肩に細く絞ったウエスト、くるぶしまであるロングスカートという優美なスタイルの「花冠ライン(Ligne Corolle)」を発表し、そのシルエットの美しさに、世界中のファッション界が強い衝撃を受けました。
このラインを境に、世界中の女性のスカートが、角ばった肩のラインに短かいスカートというスタイルから、女性らしいなで肩と優美なロング・スカートへと変化したと言われ、「花冠ライン」は、国際モード界で「ニュー・ルック」としてファッション革命をもたらしました。その後もクリスチャン・ディオールは、次々と新しいラインを発表し、そのたびに一大ブームを巻き起こし、「流行の神様」とも呼ばれました。

クリスチャンディオールは、デザイナーが何度が変わりましたが、常に時代の最先端に立ち、1947年から1957年までの11年間、パリのオートクチュール界の頂点に君臨しました。
現在のクリスチャンディオールは、LVMHに属し、パリ、ミラノ、ローマ、ロンドン、ニューヨーク、ビバリーヒルズ、東京、名古屋、大阪、香港、上海、ボストン、ホノルル、サンフランシスコと世界の都市の中心部にブティックを展開しています。

クリスチャンディオールの魅力は、「ニュールック」と呼ばれたように、次々に新しいものを発表し続け、世界中のモード界に旋風を巻き起こしたことです。その世界のトップブランドとしての魅力が、世界各国のロイヤル・ファミリーやハリウッド・スターに支持されています。



しかし、クリスチャンディオールのアクセサリーは、トップブランドとしての威厳と存在感がありながら、決して派手すぎる事もなく控えめな大人の可愛らしさを感じさせます。女性が歳を重ねても失う事のない上品さや可憐さを見事に表現していると言えます。


クリスチャン・ディオールの通販情報

クリスチャン・ディオールの商品を通販で購入する場合は、こちらを参考にしてください。


花のライン

★クリスチャン・ディオールのアクセサリーを楽天市場で見る

花のライン

★クリスチャン・ディオールのアクセサリーをヤフーショッピングで見る

花のライン




        トップへもどる